福岡松陰塾 リバレイン本校塾長の田中です。実は2016年3月23日現在、当塾となりの事務所内で金澤翔子さんの書展が催されています。日頃、生徒たちに漢字の重要性を説いたり、漢字習熟度検定(漢熟検)を実施したり、1文字1文字きっちり書くことを指導している人間としては、翔子さんの書に秘められたエネルギーというか、そこには何か特別なものを感じます。

漢字と言えば、当塾では、漢字の学習ツールとして「文字蔵くん」を利用しています。この教材は、日本漢字習熟度検定協会の公式ネット教材で、効率良く漢字を学べる点が特長です。デジタル教材とは言え、翔子さんの書ほどとは言わずとも、1文字1文字に気持ちを込めてノート学習を行うこと、これが勉強には大切なことです。特に小学生のうちには、「書く」体力をつけさせておきたいと思っています。

mojizo