松陰塾 リバレイン本校塾長の田中です。

実は私、仕事柄、より良い教育をめざして
常日頃から情報収集をしています^^

例えば、学校情報にはじまり、
今年度の入試の傾向はもちろんのこと、
子どもとの接し方やコーチング術についても
日々勉強を重ねています。

そんな情報収集の中で、
特に「学びが深い!」と思えるのが、
「過去の偉人の言葉」です。
今回はその中の一つを紹介します。

生徒の才能を軽視するよりも、
むしろ過大視したほうがよい。
その方が生徒を謙虚にするからである。
by ジンメル(ドイツの哲学者)

あまり過大視してしまうと、
うまくいかない時に本人が情けなく思って
自虐的になることがあり得ます。

そうなると、勉強への自信が下がって
心配になってきます。

しかし、そのギリギリの境界線こそ、
塾人の腕の見せ所とも言えます。

「謙虚にする」ということは、
客観的に自分が見えるということ。

本校へ通う生徒の能力を最大にするため、
バランス感覚とタイミングに磨きをかけて
これからも個別指導に努めて参ります!(^^)

*****************************************************
 アクティブ・ラーニングのショウイン式
 自立学習の完全個別「松陰塾 リバレイン本校」

 〒812-0027 福岡市博多区下川端町3番1号
       博多リバレインセンタービル10F
 TEL 092-405-0800 / FAX 092-263-7784
*****************************************************